« May 2007 | Main | July 2007 »

June 22, 2007

知らなかった…「もやしもん」

知らなかった…「もやしもん」
商売柄か「発酵調味料」などと題された特集本を見かけると、つい手に取ってしまう。その記事の中で、紹介されていた漫画「もやしもん」週刊だかの「イブニング」で連載されたものらしいが、知らなかった〜。これがなかなか読み応えがあると言うか。違う世界へといざなってくれる。なぜに、「発酵調味料」の本に出て来るかと、いうと。「かもすぞー!」との合言葉で、元気いっぱい何かを発酵させながら生きている、いろんな「菌」達が出て来る出て来て、たいへ〜ん。ありとあらゆる菌が見えてしまう男子、直保―ただやす、が主人公なんやけど、人より沢山登場する数限り無い種の菌達がやはり強烈。農大での様々なキャラの学生の生活に笑いながらも、雑学的に細菌類の事も知ることにもなって、ちょっとカルチャー気分もゆさぶられ、読み返すほどに、インテリか〜?やぁ〜ま。おもしろいすよ、久々に出会いもんでした。店番で出かけられない私は。「今すぐ買ってきて〜」と、子を走らせたわけですが。見つかんないだろうな〜と思いきや、店頭にデンとあったそうで。も。すでにユ〜メイな書物でござんしたわけね。もやしもん占いやらフィギヤまで出とるそうで、
お見それしました。一巻二巻三巻と、表紙もまったく関連性が無いのも、素敵です。読むほどに、見えないマクロな世界にまで環境保全を考えてしまいます。かもした〜い!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

June 11, 2007

山北の藻塩の出来るところ

山北の藻塩の出来るところ
行ってきました〜!佐藤寛さんは去年六月に亡くなってしまったそうで、今は二代目さんが、かたくなに昔の作り方をそのまま守っておられるそうです。山北も、奥の奥というか、もうすぐ山形と言うところ。工房のすぐ前には、きれいな海が広がっていて、自然のめぐみ…と喜ぶならば、この自然を豊なままに、守り続けなきゃと。がらにも無く胸にジーンときてしもた。いついっても誰がいっても、工房を見せてもらえるので、海水浴の折には、寄ってみて〜、中浜観光物産ですよ。からころ屋には、藻塩に海の塩、花塩、にがり。取り扱ってま〜す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2007

きゅうりの辛子漬け

きゅうりの辛子漬け
さてさて、そろそろ日中はかなり暑い日も。こうなると、とまとに、きゅうりが恋しくなる〜。夏野菜の大御所だもんねぇ。からころ屋にも、何を隠そう、きゅうりに、とまと。毎週畑から届いているのだ。それも、得意中の得意としているお百庄さんから得意のその品を頂いてくるから旨いにきまっているのだ〜!な〜のに。廃棄倒産の恐怖からか、びびった、仕入れをするもので、「うんな野菜からころ屋で見掛けた事ねぇ〜よ」と、お客様の声が聞こえてきそうですが。まっ幻聴だと…聞こえぬふりして…。やはり、びびり発注は続きます。どぉしても、からころ屋のお野菜が見たい方は火曜午前中がねらいめ。電話での予約なんて早技使われる方もいらっしゃいます。で〜すぐ完売して、からころ屋店頭から消えるわけっす。ひやひや売ってる私は、今週もなんとか、やってけるかも〜と、ほっと胸をなで下ろすのです。で。でもないのですが、おすすめ→きゅうりの食い方。辛子粉10〜20g塩20g粗糖40gを袋かタッパー容器に入れて。そこへ、きゅうり8本くらいかな(入りゃいい)入れて。きゅうりは切ってあろうがなかろうがかまいません。
容赦なくガサガサ容器ごと振り回す。あ〜この時蓋やジッパーはしっかり閉めておいてね。でないと、ど−なっても知らんよ!後はしばし待つだけ、きゅうりの水気がいいアンバイになって、一日二日で最高!辛子漬けだよ。一週間くらいもつらしいけど。いっぱいあっても、すぐくっちゃう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2007

ひじきのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ

ひじきのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ
ここんとこ、元気が出ない(・ω・)貧乏からか…?そりゃ今に始まったこっちゃないし。こういう時こそ飯だ飯!そういや最近まっとうに、ご飯の事考えてなかったかも〜。食べたいものすら、考えず、時間無いし、これしか材料無いしで、「えぃ!」って料理しかせんかったかも。何を作らせても天才的な私。それでも、まかり通ってたわけよ〜(ホンマカイナ)しか〜し実情楽しめてなかったわけね。料理も舌も。台所こそ、第二の故郷な私なのに…。(第一の故郷は?寝床?飲み屋?飲み屋も行ってな〜し)そりゃ元気も出んわい。久々にあちこちにちらばってる、お気に入りの料理本。ながめて…うーこれ良さそう。有元葉子さんの「乾物料理」最初に登場の。ひじきのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ。もどしたひじきを、刻んだ、にんにく、鷹の爪とトモにオリーブオイルで炒めるだけっす。シンプルなのに、とても、おしゃれ!鮭の中落ちを圧力鍋で十分煮たのと、小松菜の煮浸し。が晩飯となりました。とさ。ビールも飲〜もうっと!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »