« 自然の摂理か神の仕業か! | Main | 明日からころ屋が行きます! »

May 13, 2008

竹の子と偽鶏手羽先の甘辛炒め(旨)

竹の子と偽鶏手羽先の甘辛炒め(旨)
毎日のように、豊浦の、はしもとさんから早々入荷の竹の子を「柔らか〜うま〜」と堪能してるうちに、あちこちから竹の子を戴くように…。大好きなんだけど、食べても食べても、冷蔵庫の中の竹の子は減らず。竹の子料理のレパートリーも底ついてきた。竹林を持つお客さんから「堀り立てを、生のまま使う形に切って冷凍するのよ、そうすれば凍ったまま簡単に使えて美味しいよ」と言ってたのを今さらに思い出した。あ〜初物じゃ〜と、飽きるほど食べるんじゃなくて。あの頃あの竹の子をストックしてれば…。と、去年も思ったような。はぁ〜反省の役にたたない人間。また来年もこのとおりだわね。ハイ、でも依然として旨い「た〜けのこ」和風洋風中華に韓国、カレーもいいでよ〜。今日は中華風。豆板醤を少しだけ効かせて。甘酢仕立て!青味に葉葱をパラパラ!合わせたのは、大豆ミート手羽先風…!うまいです!

|

« 自然の摂理か神の仕業か! | Main | 明日からころ屋が行きます! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 竹の子と偽鶏手羽先の甘辛炒め(旨):

« 自然の摂理か神の仕業か! | Main | 明日からころ屋が行きます! »