« July 2009 | Main | September 2009 »

August 30, 2009

祭り終わった

祭り終わった
祭り終わった
息子③が初参加の新発田祭りも昨日の帰り台輪で終わりました。私もはしゃぎ、酒が進み。今日は少々残った疲れと共に祭りの後の寂しさをチョイト感じたりしながらの店番です。昨日の祭り飯の残りも淋しいモノです。今夜は息子③は祭りの打ち上げ会だし…残った家人のうちらは、うどんでも煮て食べますかーそうしましょう。写真は昨日の祭り飯の一部ですね。野菜の寄せカンです綺麗にできました。と。息子③のイナセです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2009

お祭りど真ん中です

お祭りど真ん中です
27日早朝四時頃の「おふれ太鼓 」から始まり、諏訪神社へ各町の台輪を奉納。で29日夜にお諏訪さまから町内へ帰る時に出くわした台輪同士が、「あおり」と言われる台輪を跳ね上げる行為で勇姿を競う、喧嘩台輪が有名な新発田祭り。で「からころ屋」はなんとーその、いくつかの台輪が出くわす、辻の真ん前にあったりして。祭りのど真ん中なのね〜。ですが、昨日の晩メシ!タコライス!これじゃ祭りと言うよりカーニバル!辛くて熱くて燃え上がるから良いって!「タコライス」:簡単サルサソースはタクアンときゅうりの漬物のミジンキリにトマトピュウレをまぜ、チリペッパーと塩まぜただけ。レモン汁も少々か。「タコミート」は、炊いたタカキビ(同量分の水で塩を入れ圧力かかってから十分。自然放置。洗い炊き)で増量。ミジンのニンニクと玉葱と青唐を炒め、ミンチとタカキビを加え、クミンパウダー、チリパウダー、オレガノと塩を加えて炒める、トマトピュウレ(サルサソースに使った残)で煮込み、適度に水ケがとんだら、塩で味を整える。ご飯盛る→タコミートのせ→レタスのせ→さらし玉葱→角切りトマトのせ→サルサソース→チーズトッピング→
ガツ
ガツ混ぜ喰う!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2009

モロヘイヤって旨いかも。

モロヘイヤって旨いかも。
あまりにトロトロで、ゆがいてしまうと、なんだか正体がなく「刻むしかないか」となるところが、ちょいと苦手な感じがあったけど。いつぞやのもちより一品でどなたかのを食したので感動して、それから「モロヘイヤ」と言えば「これ!」と同じものばかり作っていたのが、「ミョウガとモロヘイヤの切り合え」:さっとゆがいたモロヘイヤと生のままのミョウガを細かく一緒に刻み合わしたもの。味付けはポン酢でもだし醤油でも旨いんです。が、今回たくさん貰ったモロヘイヤ。ちょいと違えてみたくなり、チィ〜トばかし残ってたゴーヤの刻んだのと茹でモロヘイヤ(刻んで)と炒めてタマゴトジ。塩でなかなか旨い。トマトでも合うな〜と思ったけれどトマトは残念ながら見つからず、断念。しばらくはモロヘイヤに懲りそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2009

漬物寿司

漬物寿司
いつぞやからセッセと漬けまくってた、きゅうりに、ナスに、水菜、茗荷。味も、塩漬け、辛子漬け、甘酢漬け、シバ漬けにおとくい糀漬けと…まぁ、あるはあるは冷蔵庫を開けると、チィ〜トづつの残りが入った容器と小袋達。はぁ〜。毎日美味しくニコニコいただいていたのに…そぉ思い始めると、なんだかただの場ふさぎの邪魔物に見える。えぇい!成敗してくれる!い〜っさいが〜っさい刻みに刻んで、混ぜるだけ〜!ついでに残り物のアジの開きを焼いてほぐしたのと、相方の喰ってた枝豆も、混ぜこんだ。「まぁなんと言うことでしょーあんなにも狭苦しかった冷蔵庫がすっきり。家族も大喜びです。」「もう漬物なんて…としょげてたオカァサンも元気になりました」と。でこのままでも充分旨いのに、家人に言われるまま、トッピングにいり卵、肉ソボロ 、大葉の千切り、松葉ノリ、紅生姜と。なんとごもご馳走!自動車運転免許証、本日取得の息子③のお祝いとなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2009

キドニ−ビーンズマリネ

キドニ−ビーンズマリネ
キドニ―ビーンズを入手!しばし眺めて考える。おおきさや皮の堅さなんてェのをかんがえると、ひよこ豆や大豆よりゃ長い…でも、かなり、煮え出すと早い。てな、ことで、洗い炊き。圧がかかって弱火「50分」で自然放置。うーん!ちょうど良い感!これで、マリネにサラダ、カレーに煮込み物、なんでもござれだ!ただ今回購入のキドニービーンズは直で輸入されたのを、パキスタンの人から購入したもの…安いのは良いのだけど。戻る煮えるの時間がバラバラな豆が混在してるのが心配どころでしたが。堅そうなのも、煮えやすかったのも、意外にちょーど良くなりました。さっそく「長ヒジキとキドニ―ビーンズのマリネ」長ヒジキはもどさず熱湯でゆがくこと5分、熱々のまま、オリーブオイルと梅酢とレモン汁を合わせておいたところへ、キドニ―ビーンズと玉葱のスライスを一緒に付け込んだだけ。さめた頃には味もしみて旨いし、日持ちするし嬉しい一品。ヒジキの黒とキドニ―の赤紫とが、とても大人っぽくて粋な感じも大好きなのです。あったパセリをきざんでパララ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2009

ゴーヤのかき揚げも旨いです。

ゴーヤのかき揚げも旨いです。
ゴーヤのかき揚げも旨いです。
弁当にも〜一品欲しい…。そーいや、昨日夕御飯にたくさんめに作って朝使える算段だった、ゴーヤと牛コマの佃煮がペロリと喰われてしまって、計算が違うのだ。少し残ってたゴーヤを刻んで、豚バラの刻んだのと、色合いにニンジンも少々を一緒にかき揚げた。ん〜色合いも味のアクセントにも良い感じ!写真はボケてて失礼m(_ _)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2009

茗荷の天麩羅

茗荷の天麩羅
ミョウガ最盛期とあって、あちこちのミョウガあちこちからいただきます。薬味には何やかやに毎日。細かく刻んで軽く塩で揉みご飯に混ぜこんだりもチョクチョク。甘酢漬けにもしたし…。きゅうりとナスと共に浅漬けにして今も食べてるし。もはやこの上貰ったら、バッシバシに塩漬けしていく覚悟だったんですが。そ〜いや、まだ天麩羅にしてなかったわい!黄色く見えるのは平出の菜種油で揚げたから。力のある油ゆえ、カリカリに上がります。ころもかりかりで、香り良いミョウガ。酢醤油なんぞでいただきます…やっぱり天麩羅旨いなぁ!もの忘れは年中ひどいのですが、こんなに毎日食べてると、ミョウガのせいにしとけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2009

佐渡島

佐渡島
行って来ました。何をかくそう。「アースセレブレーション」初日でした!知り合いのライブに感動したり、佐世保バーガー並んだり、お酢のんだり、帽子屋ひやかしたり、寄ってくる魚につつかれたり、友達のお店のラム酒とメープルかかったかき氷で脳天冷やしたり、かもめにカッパエビセン差し上げたり…楽しく真っ昼間から酔っ払い状態で祭りを楽しんできました!遠く感じてた佐渡島も、今回は日帰り!朝六時の船で8時二十分に佐渡上陸、夕方6時四十分発の船で九時には新潟。翌日の仕事にも差し障りなく結構遊んでこれました!これでもう、遠いようで近い佐渡です。嬉しいです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2009

茗荷の甘酢漬け

茗荷の甘酢漬け
沢山もらったミョウガ・みょうが・茗荷!大好物なので、うれし〜。ですが、なんとかしなきゃ食べ切れな〜い。相方は「甘酢漬け」希望なので、まずは、そいつを。みょうが、でかいのは半分に痩せてんのはそのままで、グラグラ沸いたところへ入れて、さっと湯がいて水を切ったら、熱いうちに甘酢へドボドホ。゛放り込んだら、もう大丈夫!さめたら冷蔵庫へ保存。冷えてくままに味がしみるそうで。ちょうどさめた頃美しいピンクに…もうすでに旨そうです。甘酢、今回はハチミツ入り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2009

ひじき大豆・モロヘイヤとミョウガの切りあえ

ひじき大豆・モロヘイヤとミョウガの切りあえ
洗い炊きⅢ。やはり豆と言えば大豆でっしゃろ!と言うわけで「大豆の洗い炊き」圧力かかって40分で自然放置です。私的には、ちょっと柔らかいんだけど。世間的にはちょうど良い固さかな。味は何もつけず煮ても、洗いだきだと豆自体の味が濃くなる気がします。で、まいどのオバンザイ、「ひじき豆」。もどした芽ヒジキと大豆を菜種油で塩炒めしただけっす。シッカと塩を利かせた方が旨いんす。アレンジでコショウやニンニクや七味や醤油でも、万歳です!ご飯にどっさりかけてワシワシ喰いでも、混ぜご飯でも「簡単ヘルシー旨い」と料理番組のタイトルまんまでいけます。煮豆にブーたれる野郎どもにもウケるのでありがたいのよ!おためしあれ! で、もうひとつは、サッと茹でて荒く刻んだモロヘイヤに、これまた(こちらは湯がきません)ミョウガを荒く千切りにしたものを、合わせて刻む→ひたすら刻む→だけ、で今回ポン酢ですが、醤油やだし醤油を混ぜて、味つけは、ケチらず、たっぷりめに。これぞご飯にかけてワシ喰いオススメ!これまた野郎受け良しです!どちらも最近はやりの「大人ねこまんま」の具にしては健康すぎてちょいとエントリーできなさそ
うで
すね。もうちと、ウサンクサさが欲しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2009

感動の田んぼでした

感動の田んぼでした
感動の田んぼでした
8、9日と山形まで「お米の勉強会」に参加してきました。慣行に特栽、有機、無農薬とやりかたは色々だけど、どれも本気の田んぼの数々。それぞれに濃厚なお話を聞かせてもらいながら見学させてもらってきました。アップした写真は勉強会最後に見せてもらった無施肥無農薬で六年目の田んぼです。その田んぼの前にしゃがんだとたん、なんだか涙がとどめなく出てきて、ばかみたいでしたが、その田んぼの佐藤さんのお話しを聞いて、涙の出る理由がわかりました。簡単には言い表せないので…ご了承ください。とにかくこの経験は一生忘れられない…と言うより、私の頭の中を変えてしまい、これからの生き方を変える出来事でした。「お米の勉強会」代表、村山日南子さん、ありがとうございました。さすがの関西パワー、良いも悪いも無くすべてのものを巻き込んでウネリを作る。まるで竜巻。この凄さを忘れてました。私も元気にやっていこうと思います。ほんとうに出逢えた皆さんありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2009

今度は、銀手亡

今度は、銀手亡
今度は、銀手亡
豆の洗い炊きがマイブームです。「水にひたさない」という事の気楽さは、大きいんだよな、と今更ながらなっとく。ひよこ豆は洗ってすぐ2.5倍の水と圧力鍋に入れ圧力が最大にかかったら、一息おいてから、弱火にして40分。で自然に圧が下がると出来上がり。今回は、銀手亡に挑戦、豆の大きさから考えて圧力がかかってから25分で。と思い…この通り、ちょうど良い煮え具合。私の勘いけてるやん。けど、またもや思いつきで煮てしまったので、急きょ晩御飯に使おうと思っていたイカと醤油バター煮に。うんまいです。ご飯にかけてワシワシ喰う感じ!夏飯です!こんなに手軽で失敗無くて旨くて、となるとブームは続きそうです。なにせ、ちまたの豆料理のレシピ、どれをとっても、「〇〇豆を柔らかく煮ます…」から始まる…ちょっと〜ぉ、そこんとこ知りたいんですけど〜。なんだよね。そりゃ同じ豆でも新やら古やらありますし産地も作りかたも気候も違えば一概には言えないでしょうが。そこんとこなんとかね。まっ。無きゃ自分でやるしかないんだよね。でも愉しいよ豆!煮えてなきゃもっと煮りゃいいし。煮溶けちゃっても、スープやペーストやあんこにもな
るし
。さて次回は金時煮るか虎豆煮るか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2009

いわゆる蜘蛛の巣ですが

いわゆる蜘蛛の巣ですが
ここんとこ、一番のお気に入りアートです。とてもじゃない。私が張ったものでは、ありません。風呂場の裏。ちょうど隣んちの壁のトタンとうちのモルタル壁の間に堂々と張ってあります。ひさしのある家と家との間なので、ひどく雨に打たれる事も無いようで、手直しこそチョクチョクしているようですが、今まで大きな災害にみまわれた事も無いのでしょう。何層にも立体的にはられた網はまさに建築物で、現代アート。こんなに美しいお巣まいに住んでる方は今時めずらしい。そして、この建造物が直接、餌の捕食に欠かせないのですから、なんとも攻撃的で、その辺りにもワクワクします。この主。姿かたちは中の中と言ったところ。けっしてモテそうにもないのですが…。私が風呂に火を入れ始める6時頃、ちょうど家と家の隙間から夕日が差し込む陽を浴びて黄金に輝くのです。その姿たるや、まるで羽ばたく火の鳥!神々しく思わず手を合わせ涙しそうになります。そこまで信心なくとも、毎夕の楽しみで、しばし見とれてしまうのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2009

盆休みお願いします

盆休みお願いします
問屋さんとのからみやらで今頃決まりますが…あしからず。「ど〜せ、のんきな商売。休まんでもええやないの」と何処やからか聞こえては来ます。そ〜思ったりもします。が。こん時くらいの墓参り(そ〜は信心深くは無いのですが)やら、お店のリフレッシュ、を考えたり。とにかく。何よりせっかくの長いお休み、何をしようか、何を思って暮らそうかとワクワクすることだけで、自分がすでにリフレッシュへ向かいます。逆に予定や約束が決まればもはや用事…こなすのみ。そ〜ゆぅ私、ずっと連休前の気分でいたいもんです。で。からころ屋8月13日(木曜日)〜17日(月曜日)休みます。18日火曜日から通常営業です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2009

メキシコ料理「マンマ」

メキシコ料理「マンマ」
メキシコ料理「マンマ」
マンマさんとは「春のナチュラルライフフェス以来ですね」と言っても、ナチュラルライフフェスでは、お互い忙しくて自分のブースに張り付いたままの2日だったから、ゆっくりおしゃべりするなんてのは、もっとぶりです。会うだけで元気もやる気ももらえる様なマンマさんの、本来のお店に来れたのは初めて。たった四席の小さな小さなお店。白木のカウンターのテーブルに本当に愛情のこもったどれもこれも美味しい一皿一皿を出してくれました。ランチは、三種のソースのタコスと冷たいかぼちゃのスープ、デザート、のセット。とアジの細かいパン粉をつけて焼いて、夏野菜色々なソースをあわせたものに、冷たいかぼちゃのスープとデザート。の2つセットの中から選びます。今回は3人で来たので、もちろんどちらのセットも楽しみました。鯵もタコスも旨い!スープも絶品!ん―デザートも!マンマさんのメキシコの話しも楽し〜!だが安い、安すぎる。味と豪華さに値段がアンバランスなので続けてこられてるのが謎なくらいです。怖いです。「宣伝したほうが良いの?それとも内緒にしといたほうが良い?」と聞いたら、マンマさん「おおいに宣伝して下さい!嫁さん募集\xC3
罅\xAA
」…そっちかい(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »